記事一覧

カウンセリングに行ってきた。

2週間に一回カウンセラーに通っている。原付で20分くらいかけて暇つぶしがてら行ってくる感じだ。カウンセラーに通ってる理由はいくつかある。
一つは親に行けと言われてるから。引きこもり気味のぼくがカウンセラーに通ってるだけ安心するらしい。二つ目はカウンセリング料が安いからだ。桁違いに安い。ほとんどカウンセリングというのは平均的に5千円くらいが相場なのだが、通ってるところは1300円くらいとかなり安い。安い理由は保険がきくからだという。五千円の三割負担なのでこの値段なのだ。こういうことから経済的にもあまり高額ではないので週2回も通えるのである。
カウンセリングといっても専門的な心理学をまじえた話をしているわけではない。なにをしてるかというと、だいたい雑談をしてるだけ(笑)
好きなことを喋って、最近の報告、最近、関心があることなどをただ話すだけ。昨日も最近の起きたこと、体調、気分などを話してからは好きなサッカーの話をしていた。カウンセラーの方もサッカーがそこそこ好きらしく、話がはずんでおもしろい。だいたいカウンセリングは1時間くらい話すんだけど、そのうち半分は趣味のサッカーの話だったと思う。これは正直カウンセリングになっているのかわからない。
カウンセラーいわく、なんでもいいから思っていること、悩んでいること、興味があることなどをまず言葉に出してみるということがすごく大切な作業らしい。カウンセラーの先生が言ってることは正しいかわからないが、言葉にすることで、考えていたことが整理されたり、そのとき落ち込んでいた気持ちが少し軽くなったりすることがあるので、言葉にするってことは大切なのかもしれない。
カウンセリングに通ってもう2年がたつ。もうすっかりそのカウンセラーの常連客になってしまった。このカウンセラーと出会って劇的になにかが変わったわけではないが、2年の間に、大学に馴染めないこと、大学を中退すること、様々な相談をしてきた。困っていること、悩んでいることを話した時、劇的な解決策がみつかるわけではないが、いつもその悩みについて考えてくれる。カウンセリングになってるのかどうかわからないがぼくの心の拠り所となってるのは間違いない。  これがカウンセラーに通ってる一番の理由だ。
次カウンセリング、2週間空けて27日に雑談をするために行ってきます(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント