FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦あれば楽ありってのは嘘だからな

苦あれば楽あり、ことわざなのかこれ?分からないがこの言葉にもの申したい。
嘘つき!!
苦しいことを耐えた先は楽しいことが待っているという意味。これ嘘です。実際僕の人生が証明してくれてます。
高校中退
   ↓
   鬱
   ↓
バイトすらできないほどコミ症になる。
   ↓
大学になんとか入学
   ↓
コミ症なので友達ができず、ぼっちを耐えれず中退
   ↓
なんとかバイトはするも、バイトも嫌になり辞める
   ↓
   ニート
   ↓
   辛い

かれこれ5年くらい辛い日々を過ごしています。

まず、苦労は2種類の苦労がある。良い苦労と悪い苦労の2種類。
まず良い苦労とは、勉強やスポーツなどでの努力のことだ。こういう苦はそのときはしんどいかもしれないですけど、のちに結果として表れ、将来的に給料のよい職業につけたりする道に通じているので、こういう苦は良い苦だと思います。

逆に悪い苦労は、病気とか、中退といったもの。中退はちゃんと理由があれば良いのですが、病気はしないほうが良いに決まってる。

病気を経験することで病気の人の気持ちが理解できるんではないか?という問いを持っている人もいるかもしれないが、そう言っている人に間違いはない。ただし、病気から復活できた人は問題ないが、その病気で死んでしまったり、鬱で、自殺してしまったり、またはその病気で一生を棒に振りかねないこともありうるのを忘れてはならない。
だからわざわざ苦労しに行くことはしてはいけない。ていうかしちゃだめだ。

世間では苦労しないといけないみたいな風潮がありますが、、それも間違っています。苦労することで得るものがあり成長し、成功すると・・・。こういう感じですね。でも起業家の斎藤ひとりさんはこう言っています。「成功は楽しく成功するものだよ」と・・・・また、「苦労の次に待っているのは苦労だよ」
この二つの言葉がとても印象が強くて頭に焼き付いています。
歯を食いしばって努力しているようではだめなのかもしれません。楽しくワクワク行動すると・・・。そして苦労はしちゃだめ。このことを意識して生きていきたいと思っております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。